講師,研修,社員教育,衛生管理者,採用,定着,コーチング

研修・セミナー・社内講師養成・衛生管理者受験指導・人材育成や教育、採用も含めた組織経営のお手伝い。2013年創業以来、官公庁、自治体、民間企業で400社以上の実績があります。

リスクマネジメントセミナー

リスクマネジメントセミナー

広がる「リスク」の定義

企業によっては「リスクマネジメント」と「危機管理」、「コンプライアンス」を分けて研修している企業もあります。しかし、これらは包括して「リスク」と呼ぶことができます。クライアント側から見れば「組織と人を守りたい」から研修を受けるのであって、その研修に「リスク」が全て含まれている必要があります。従って弊社ではそれらのテーマは包含して研修を行っています。

対象、タイミング、問題の性質によって「リスク」は異なります。想定される「リスク」と対処のバリエーションを多く用意でき、実行できるスキルにすることが大切なのです。

プログラム例

1:リスクとは何か?
(必要に応じてグループワークを実施したり、リストを用います。あえて時間を取り、ブレーンストーミングなどの発想法を組み込むこともあります)

2:問題の本質
(リスクの分類を行い、ポイントをおさえます。問題に対して「対症療法」と「根幹治療」に相当するものを明らかにします)

3:リスク対策の障害
(実践にあたっての障害となる「思い込み」「組織の都合」「デメリット」などを検証していきます)

4:組織と個人
(組織的な対処が必要なリスクもあります。個人で対処すべきものと組織で対処すべきもの、判断の基準やスピードについて解説します)

5:ケーススタディ
(直近で起きている実際の事例をもとにグループワークを行います。これまで学んだポイントを見比べつつ、あるべき対処の方法を考え、自分のノウハウにしていきます)

6:プランニング
(自組織で起こり得るリスクと対策を洗い出し、プレゼンテーションを行います。固定化した対処ではなく柔軟な対処ができるよう、メンバーと意見交換も行います)

料金

2日間の研修(1日あたり6時間以上8時間まで)で、20名参加の場合、基本料金28万円(税、交通費別:リピートの場合は割引あり)で実施しております。なお自社専用テキストを作成する場合はテキスト代が別途必要です。内容に応じてお見積もりいたします。実施するごとにバージョンアップしている研修です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional